掲載記事紹介

“きのこ”って面白い♪あらゆる角度からきのこを知る特別展

大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
特別展「きのこ!キノコ!木の子! ~きのこから眺める自然と暮らし~」

しめじやシイタケといった身近なものから、赤や黄色のカラフルなもの、毒のあるものまで…身近な食材であるとともに、ミステリアスな存在でもある“きのこ”。そんなきのこをテーマにした特別展が[大阪市立自然史博物館]のネイチャーホールにて開催中だ。。

展示では、植物や動物との共生など菌類としてのきのこの生態を様々な角度から掘り下げる。まず注目が、マイナス40℃で急速冷凍するなどして変形や退色を防いだフリーズドライによる実物標本。約500点に及ぶ標本の中には思いもよらぬ形や色のものもあって、「これ、本物?」と疑いたくなるきのこも。

また、日本のきのこ研究の第一人者として知られる本郷次雄による研究資料から、自ら制作した実物大の水彩画が展示される。どのスケッチも緻密で美しく、まるで“きのこアート”!ともに展示されている南方熊楠や今関六也によるスケッチと、捉え方やタッチの違いを比較してみるのもオススメだ。ほかにも、きのこが大好きなクリエイターによる作品なども紹介されている。

会期中はセミナーや子ども向けのワークショップなども開催される。知れば知るほど面白い、奥深~いきのこの世界をぜひのぞいてみて。

[最寄駅]長居

※本掲載情報は2018年9月25日現在のものであり、掲載内容が予告なく変更する場合があります。

オオサカおでかけ情報を毎日配信!Otomo!アプリ!

スマホ端末でOtomo!アプリをダウンロード!

i Phone:Apple Storeからダウンロードしてください。
Android:Google Playからダウンロードしてください。

※Apple、Apple ロゴ、iPhone、およびiPod touch は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store Apple Inc. のサービスマークです。
※「Android」、「Google Play」、「Google Play」ロゴはGoogle LLCの商標または登録商標です。