掲載記事紹介

お店の中でキノコ狩りも!?きのこの美味しさを再確認しよう!

きのこの里 南船場本店
秋の味覚・きのこをとことん堪能できる店をチェック!

寒さが深まるこの季節。あったかいお鍋で体も心もホッと癒されたい。そんなとき、栄養たっぷりのきのこがメインのお鍋はいかが。

“きのこの美味しさをもっと広めたい”という思いで、各地からきのこを取り寄せ。そんな[きのこの里 南船場本店]には、多種多様なきのこメニューがずらりと並ぶ。その中でも一番目を引くのが「きのことトリュフの魔法鍋」(1,814円)だ。

日替わりで7~9種類のきのことトリュフのコラーゲンボールが入ったお鍋。この日はエリンギ、エノキ、やなぎまつたけ、有機栽培なめこ「オッキーなめこ」、博多すぎたけ、野生種エノキ、ひらたけ、赤色のトキイロヒラタケと黄色のジャボーノ…。食感や味わいが違う、ありとあらゆる種類のきのこのオンパレードだ!普段目にしないような珍しい種類も入っていて、楽しみながら味わえる。

そして、この魔法鍋、味が3段階で変化する仕掛けにもなっている。初めはダシの風味を楽しんで、次に中央のトマトを崩し、酸味のアクセントを足して、最後は生クリームを入れてクリーミーにいただく。こうしてきのこから出た旨み成分や栄養分を余すことなく頂ける、無駄のない一品だ。

さらに、「きのことトリュフの魔法鍋」についてくる嬉しいサービスが、店内で栽培しているシイタケを原木から採って、そのまま鍋に加えることができるというもの。いわゆる“きのこ狩り”だ。採れたての新鮮なきのこは香りやジューシーさも段違い!

ほかにも「焼きしいたけ」(842円)や「マイタケの天ぷら」(626円)や「きのことエビのアヒージョ」(842円)など、様々なスタイルできのこメニューを提供。全20種類以上のきのこメニューのほか、信州から取り寄せた「えのき茸焼酎」(540円)など、お酒もきのこ尽くしという徹底ぶり。美味しいキノコの世界を思う存分楽しもう!

[最寄駅]心斎橋、四ツ橋

※本掲載情報は2018年11月27日現在のものであり、掲載内容が予告なく変更する場合があります。

オオサカおでかけ情報を毎日配信!Otomo!アプリ!

スマホ端末でOtomo!アプリをダウンロード!

i Phone:Apple Storeからダウンロードしてください。
Android:Google Playからダウンロードしてください。

※Apple、Apple ロゴ、iPhone、およびiPod touch は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store Apple Inc. のサービスマークです。
※「Android」、「Google Play」、「Google Play」ロゴはGoogle LLCの商標または登録商標です。