掲載記事紹介

“特級点心師”の味を伝承する、小籠包&ニラ饅頭に舌鼓!

外灘紅緑灯(ワイタンホンリュウドン)新なんば店
おせちに飽きたら…メトロに乗って世界の味を食べに行こう

1999年に天満で開業した「上海食亭」をルーツに持つ[外灘紅緑灯]は、天王寺となんばに店舗を構える点心の名店だ。今回紹介するのは、洋館を思わせる洗練された空間でゆったりと点心を楽しめる「新なんば店」。

料理資格の中でも最高峰と呼ばれる、中国の国家資格“特級点心師”の技を伝承する数々の点心が同店の自慢。特に人気を集めるのは、二大看板である小籠包とニラ饅頭。

まずはこちら。箸を入れるとアツアツのスープがジュワッ!と溢れる「小籠包」(1人前4個690円)。モチモチ食感の皮に包まれた、国産の豚肉を使用した上質なあん、肉汁が溶け出した旨みたっぷりのスープ。どれをとってもたまらない美味しさなのは、食材と製法にこだわって、一つひとつ丁寧に手作りされているからこそ。

そして、“ヤミツキになる美味しさ”と評判を集めるのが「上海焼き餅“ニラ饅頭”」(一人前6個・780円)。外はカリカリ、中はジューシーに仕上がっている。ビールとの相性も抜群だ。

この「小籠包」と「ニラ饅頭」の両方を楽しめるコースメニューも要チェックだ。冬にぴったりの中華風鍋を味わう「順コース」(5,000円)や、全13品で飲み放題付きと豪華な「紹コース」(6,500円~)、ふかひれスープや海鮮料理など多数の料理を味わえる「頂福コース」(2,900円~)など、希望に応じて選べるプランは様々。

新年を迎え、人と会う機会が多くなるこの時期。本場仕込みの極上点心を気ごころ知れた仲間や大切な家族とシェアして、みんなで“幸せな気分”を浸ってはいかが。

[最寄駅]なんば

※本掲載情報は2019年1月3日現在のものであり、掲載内容が予告なく変更する場合があります。

オオサカおでかけ情報を毎日配信!Otomo!アプリ!

スマホ端末でOtomo!アプリをダウンロード!

i Phone:Apple Storeからダウンロードしてください。
Android:Google Playからダウンロードしてください。

※Apple、Apple ロゴ、iPhone、およびiPod touch は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store Apple Inc. のサービスマークです。
※「Android」、「Google Play」、「Google Play」ロゴはGoogle LLCの商標または登録商標です。