掲載記事紹介

月2回の限定ショップ!優しい味わいのあんこを量り売りでゲットできる

あんこやぺ
今日は「小豆の日」。美味しいあんこ食べに行こ!

2018年6月にオープンして以来、注目を集めるあんこ専門店。量り売りのあんこが買えると話題のお店だ。

店主の竹内由里子さんは、関西近郊のカフェやスイーツ店などに手作りのあんこを卸している、あんこ職人。一般消費者に向けても予約限定で販売していたところ、評判が評判を呼び、実店舗をオープン。

竹内さんの作るあんこは、北海道産の小豆と粗糖を使って甘さ控えめのつぶあん。パンに塗っても、おもちにかけてもよし。素朴でシンプルなので、どんなものにもマッチする。

そんな竹内さんが生み出す唯一無二のあんこを求め、平日から長蛇の列が。100g・250円~の量り売りあんこが、1~2時間で完売してしまうこともある。

さらにその場で食べられるシンプルなお菓子もスタンバイ。あんこそのものの味を楽しめるモナカが定番。つぶあんのしっかりとしたつぶ食感とサクッとした最中の皮が軽やか。ナッツをトッピングした「塩ナッツモナカ」(150円)のカリカリとしたナッツの食感もたまらない。ジューシーな大粒いちごが入った「いちごモナカ」(200円)は、甘さ控えめのあんこと相性バッチリ。登場するお菓子は、だんごやチーズケーキなど時期によってラインナップが変わることも。

ハンドドリップコーヒー(ホット400円、アイス450円)、レモネード(400円)などのドリンクも用意されているので、お店のベンチや店舗と同じ長屋「キタの北ナガヤ」内の貸しスペース・貸しギャラリー“shiten”で、ドリンクと共にあんこをゆったりとスイーツやドリンクを楽しむこともできる。

[最寄駅]中津

※本掲載情報は2019年3月1日現在のものであり、掲載内容が予告なく変更する場合があります。

オオサカおでかけ情報を毎日配信!Otomo!アプリ!

スマホ端末でOtomo!アプリをダウンロード!

i Phone:Apple Storeからダウンロードしてください。
Android:Google Playからダウンロードしてください。

※Apple、Apple ロゴ、iPhone、およびiPod touch は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store Apple Inc. のサービスマークです。
※「Android」、「Google Play」、「Google Play」ロゴはGoogle LLCの商標または登録商標です。