Osaka Point 事前登録

Osaka Point会員サービス規約

規約をご確認の上、よろしければ「同意する」にチェックマークを入れた後、「次に進む」を押してください。

Osaka Point会員サービス規約(2020年9月1日制定版)

Osaka Pointとは、大阪市高速電気軌道株式会社(以下、「当社」といいます。)が企画運営し、当社及び当社と提携する事業者(企業、店舗又は施設等。以下、総称して「ポイントパートナー」といいます。)が提供する共通の会員型ポイントサービスをいいます。お客さまは、Osaka Point及びこれに関連して提供されるサービス(以下、総称して「会員サービス」といいます。)について、本規約及び当社公式ウェブサイト(以下、「当社サイト」といいます。)上にて公表する「個人情報保護指針」、「個人情報の保護に関する法律に基づく公表事項」その他の当社がお客さまから取得する個人情報の取扱方法等について定める指針類(以下、総称して「本規約等」といいます。)にご同意の上、本規約第1条に定める会員登録を行うことによって、会員サービスをご利用いただくことができます。

なお、会員サービスの内容及びご利用に関する諸条件については、適宜見直しを行いますので、最新の情報はOsaka Pointの公式ウェブサイト(以下、「公式サイト」といいます。URL:https://www.osaka-point.jp/)にてご確認くださいますようお願いいたします。

第1章 総則

第1条(会員の資格等)

  1. Osaka Point会員(以下、「会員」といいます。)とは、会員サービスを利用する意思をもって、本規約等に同意の上、当社所定の手続きに従って入会を申込み、当社がこれを承諾して、会員として登録が完了した個人のお客さまをいいます。
  2. 入会の申込みには、お客さまご本人による電子メールアドレス、氏名、生年月日、電話番号等の個人情報(以下、「登録情報」といいます。)及びパスワードの登録(以下、「会員登録」といいます。)が必要です。なお、登録内容に不備がある場合は申込みを受付けることができない場合があります。
  3. 小学生以下の方は、会員登録及び会員サービスの利用に際して法定代理人の同意が必要です。
  4. 当社は、過去に除名又は会員サービスの利用を中止されたお客さまについて、当社の判断で再度の入会をお断りする場合があります。
  5. お客さまは、会員たる地位又は会員サービスを利用する権利(次条第5項に定義する仮会員が会員サービスの一部を利用する権利を含みます。)及び保有するポイントを第三者に譲渡(ただし、当社所定の手続きに従って行う場合を除きます。)もしくは貸与し、又はこれらに担保を設定することはできません。
  6. 当社は、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ及びこれらに類する反社会的勢力並びにこれらと密接な交友関係にある者(以下、「反社会的勢力等」といいます。)との関係を排除しており、反社会的勢力等が会員になることはできません。
  7. 会員が死亡した場合、会員たる地位は相続されないものとします。
    なお、会員でないお客さまの会員サービスに関するあらゆる地位についても同様とします。

第2条(会員証等)

  1. 会員証とは、これを所持する個人のお客さまが、会員サービスを利用できる会員ご本人であることを表示するものであり、当社又はポイントパートナー(以下、「当社等」といいます。)が発行又は提供する下記各号のいずれかの媒体をいいます。
    (1) 会員自らが署名した物理カード(以下、「会員カード」といいます。)
    (2) 会員サービスを利用するために当社が提供するスマートフォン向けアプリケーション(以下、「本アプリ」といいます。)内の仮想カード(以下、「アプリ会員カード」といいます。)
    (3) その他当社が認めるもの
  2. 当社等が必要と認める場合には、会員に対し、身分証明書の提示その他当社が定める方法によるご本人確認を求める場合があります。
  3. 当社が認める場合には、会員1名に対して第1項各号のうち複数種類の会員証を発行することがあります。
  4. 会員証の提示とは、会員が会員証を当社等に提示することをいいます。ただし、インターネットショッピング等のオンラインで提供されるサービスの利用時にあっては、会員登録済みの電子メールアドレス及び有効なパスワードの認証(以下、「ログイン」といいます。)をもって会員証の提示に代えることができます。
  5. 仮会員証とは、当社等が適切と認める場合に、会員以外の個人のお客さま(会員になろうとする者)に対して、第1項各号のいずれかの媒体で発行又は提供するものをいいます。仮会員証を保有するお客さま(以下、「仮会員」といいます。)は、会員サービスの一部(ポイント付与サービス等)のみを利用することができます。ただし、仮会員証は、これを保有する仮会員が会員登録を行い、会員となった時点をもって、以後その媒体種別に応じて第1項各号のいずれかの会員証として扱うものとします。
  6. 会員証及び仮会員証(以下、「会員証等」といいます。)の所有権その他一切の権利は当社に帰属します。会員証等を保有する会員又は仮会員(以下、「会員等」といいます。)は、会員たる地位又は会員サービスを利用する権利を有する期間に限って当社から会員証等の貸与を受け、善良なる管理者の注意義務をもって適切に管理するものとします。
  7. お客さまが、退会、除名及びOsaka Pointの終了、その他理由のいかんを問わず、会員たる地位又は会員サービスを利用する権利(仮会員が会員サービスの一部を利用する権利を含みます。)を喪失した場合、会員証等は当然に無効となります。このとき、当該会員証等は、当社に返却するか、又は当社の指定する方法でお客さまが処分するものとします。
  8. 会員等は、会員証等を第三者に貸与、譲渡し、又はこれらに担保を設定することはできません。
  9. 前項の定めに違反して会員証が不正に使用されたことにより、当社又は第三者に生じた一切の損害については、その理由のいかんを問わず、会員等が一切の責任を負うものとします。
  10. 前条第1項に定めるお客さまの入会・登録料は無料です。ただし、会員サービスを利用するためのプロバイダ接続料金や通信費等は利用者の負担とします。

第3条(ポイントの機能)

  1. ポイントとは、当社が会員サービス内で景品として企画する仮想の点数をいいます。なお、ポイントは無償で会員等に付与されるものであり、当社は、ポイントの流通性及び価値の安定性を一切保証するものではありません。
  2. 保有ポイントとは、会員等に発行した会員証等の種類及び数によらず、当社が会員等1名ごとに個別管理する点数をいいます。保有ポイントには何らの権利性もなく、会員等は、本規約に定める範囲内でのみ保有ポイントを利用することができ、これを日本円その他の通貨に換金することはできません。
  3. 会員等は、第6条に基づき退会する場合を含めて、当社等に対して、保有ポイントの買取りや払戻し等を請求することは一切できません。
  4. ポイントの付与とは、会員等が、当社等において、会員証等を提示したうえで、対価を支払い、商品の購入又は役務の利用を行う場合等、当社等が別途定める場合に、当社が会員等の保有ポイントに点数を加算することをいいます。このとき、付与されるポイント数については、利用時点において当社が別途定める内容に従うものとします。また、当社は加算するポイントに有効期限及び利用用途等の制限を定めることがあります。
  5. 毎年4月1日から翌年3月31日を1期とした期間中に付与したポイントのうち、有効期限を定めずに付与したポイントの有効期限は、すべて翌々年の3月31日まで(最長2年間)とします。
  6. ポイントの失効とは、当社が、有効期限の満了した保有ポイントを無効とすることをいいます。
  7. ポイントの利用とは、会員が当社等から商品の購入又は役務の利用を行うに際して、当社等に会員証の提示を行ったうえで、保有ポイントを上限として、商品の購入又は役務の利用の対価の一部として保有ポイントを利用する旨の意思を表示し、当社が会員の保有ポイントから点数を減算することをいいます。このとき、保有ポイントの利用単位(ポイントを利用できる最低ポイント数の単位)等については、利用時点において当社が別途定める内容に従うものとします。また、当社は、保有ポイントのうち有効期限が短いものを優先的に減算する等当社が別途定める優先順位で減算するものとします。
  8. 会員は、ポイントを利用することにより、その減算する点数に応じて、当社等から購入する商品代金や役務の利用の対価の全部もしくは一部に充当する等当社が利用時点で定める特典を受けることができます。なお、会員が購入又は利用する商品又は役務は、あくまで会員と当該商品の販売者又は役務の提供主体であるポイントパートナーとの間の契約に基づいて販売又は提供されるものであり、当社は、当社が当該商品の販売者又は役務の提供主体となる場合を除いて、会員が購入又は利用する商品又は役務に関し、いかなる保証を与えるものでもありません。
  9. ポイントの付与及びポイントの利用は、付与又は利用後に、その原因となった当社等と会員の間の取引が解除又は取消によって終了した場合、もしくは無効になった場合に限り、当社の判断で事後的に取り消すことがあります。当該取り消しの結果、保有ポイントの総額がマイナスとなる場合その他当社が必要と認める場合には、現金による差額の清算を行います。
  10. 当社は、会員等の保有ポイントを修正すべき事情が存在すると判断した場合、事前の通知及び事後の報告なくこれを修正することができるものとします。
  11. 当社は、最新のポイントパートナーの一覧、ポイントの付与の方法及びポイントの利用に関する諸条件その他の会員サービスに関する最新情報を、公式サイトに記載するよう努めるものとし、会員等は、常に最新情報を公式サイトで確認するものとします。
  12. 当社は、当社等におけるシステムメンテナンス、設備の設置状況その他の理由により必要な場合には、突発的なシステム障害等の事情がない限り、原則として事前に公式サイトで告知したうえで、ポイントの付与又はポイントの利用を制限することができるものとします。
  13. 会員について、破産手続開始、民事再生手続開始、特定調停手続開始又はその他適用ある倒産手続開始の申立が行われた場合、ポイントは当該申立時点において無効となるとともに、会員は当然に退会するものとします。
  14. ポイントは、当社等が本規約に基づき無償で会員等に提供するものであるため、当社等は、本条に定める取扱いにより、会員等が会員証等を利用してポイントの付与を受け、又はその利用をすること等ができなくなった場合であっても、それにより生じる損害、損失等について一切の責任を負わないものとします。

第4条(登録情報の更新義務と連絡の方法)

  1. 会員は、電子メールアドレスや電話番号等、登録情報に変更があった場合は必ず、会員向けウェブサイト等において、速やかに、当社所定のフォームから登録情報の変更を届け出なければなりません。
  2. 当社は、会員宛の各種の連絡(以下、「通知」といいます。)を、原則として当該会員の登録情報として登録された電子メールアドレスに対して電子メール送信の方法によって行います。会員が前項の変更手続きを行わないこと、ドメイン指定受信設定を適切に設定しないこと等、当社に帰責事由なく通知が到達しなかった場合は、当社が電子メールを送信した日時に当該通知が会員に到達したものとみなします。

第5条(会員カードの再発行)

  1. 会員カードの再発行は、会員(仮会員を除きます。以下、本条において同様です。)が会員カードを紛失・盗難・滅失したとき、会員カードの汚損もしくは破損により会員カードの番号等が判別できなくなったとき、又は氏名の表記等の変更があったときに、会員ご本人が当社サイト又は本アプリより所定の手続きを行い、当社がこれを必要と認める場合に行います。このとき、現に発行していた会員カードは、会員カードの再発行時点で無効になるものとし、これが手元にある場合には、当社に返却するか、又は当社の指定する方法でお客さまが処分するものとします。
  2. 会員カードの再発行は、ログインによって、これを申し出た方が会員ご本人であることを当社が確認できた場合に限って行います。
  3. 会員カードの再発行の手続きを完了する時点までに、会員カードを他人に不正使用されたこと等により保有ポイントが変動していた場合であっても、その理由のいかんを問わず、当社は一切の補償を行わないものとします。
  4. 会員カードの再発行に際して、券面のデザイン等が変更になる場合があります。
  5. 仮会員証については、その理由のいかんを問わず、再発行はできません。

第6条(会員の退会)

  1. 会員は、当社所定の手続きに従って申し出ることにより、いつでも会員サービスを退会することができます。
  2. 退会手続きを完了してからこれを取り消すことはできません。

第7条(会員等の除名等)

  1. 会員等が次の各号のいずれかの事項に該当すると当社が判断した場合(ただし、仮会員については、第6号、第9号から第13号及び第15号から第19号に該当すると判断した場合に限ります。)、当社は、事前の予告をすることなく、当該会員を除名し、又は当該会員等による会員サービスの利用を中止することができます。会員等は、会員サービスの利用が中止された場合には、当社が、当該中止事由が解消したと判断し、Osaka Pointの利用の再開を認めない限り、会員サービスを利用することはできません。
    (1)登録情報のいずれかの事項が、虚偽であることが判明した場合
    (2)第1条に定める会員資格を満たさなくなった場合(小学生以下の会員について、法定代理人の同意等が取り下げられた場合を含みます。)
    (3)会員が、当社から求められたにもかかわらず、登録情報の確認、証明のための資料を提出しない場合
    (4)会員が登録した電話番号、メールアドレス等への連絡が不通になった場合(ドメイン指定受診設定を適切に行わなかったことによりメールが不達となり、当社が会員からの返信を確認できない場合も含みます。)
    (5)登録情報のいずれかの事項に変更があったにもかかわらず、第4条第1項所定の届出がなく、会員サービスの提供において支障が生じた場合
    (6)会員証等又はポイントを第三者に譲渡もしくは貸与し、又はこれらに担保を設定した場合
    (7)ログインに必要な登録済みの電子メールアドレス、パスワード等の情報を、正当な理由なく第三者に開示し又は使用させた場合
    (8)会員本人によると第三者によるとを問わず、パスワードの入力に関して当社が判断する一定回数以上の入力ミスがあった場合
    (9)会員サービスの不正利用があった場合、又は、不正なもしくは濫用的な利用があったと推認する合理的な理由がある場合
    (10)当社等の営業の妨害と判断される言動もしくは行為、又は当社等のブランドイメージを毀損すると判断される言動、もしくは行為を行った場合
    (11)反社会的勢力等である場合、又は反社会的勢力等と密接な関係を有する場合
    (12)未成年である会員等の保護者から会員証の利用停止の要請又は退会の申請があった場合
    (13)本規約等、会員サービスをご利用いただく際にご承諾いただいている当社等の各利用規約のいずれかに違反した場合
    (14)正当な理由なく重複して入会申込が行われた場合
    (15)会員サービスの利用にあたり、当社等及び他の会員等や第三者に不当に迷惑をかけた場合
    (16)会員サービスの利用に関して、法令又は公序良俗に反する行為を行い、又はそのおそれのある行為を行った場合
    (17)過去に本規約に違反し、除名又は会員サービスの利用を中止された者であることが判明した場合
    (18)会員サービスの利用にあたり、当社等より指示又は要請された事項に合理的な理由なく従わない場合
    (19)その他、会員等として不適切な行為を行い、又は、当社が会員等として不適切と判断した場合
  2. ポイントは、当社等が本規約に基づき無償で会員等に提供するものであるため、当社等は、第1項の規定に基づき、会員が除名され、又は会員サービスの利用が中止されたことによって、会員等が会員証等を利用してポイントの付与を受け、又はポイントを利用すること等ができなくなった場合であっても、それにより生じる損害、損失等の一切について責任を負わないものとします。

第8条(本規約及び会員サービスの変更)

  1. 当社は、本規約及び会員サービスの変更を随時行います。当社は、当該変更について、公式サイトへの掲載その他当社が適当と判断する方法で公表するものとします。
  2. 当社は、以下の場合に、本規約を変更することができるものとします。
    (1)本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき
    (2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
  3. 当社は、前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の1週間前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を公式サイトに掲載します。

第9条(Osaka Pointの終了)

  1. 当社は、当社の都合により、Osaka Pointを終了することがあります。
  2. 当社は、Osaka Pointを終了する場合、原則としてその3か月前までに通知するものとします。
  3. Osaka Pointが終了する場合、終了時点で会員等が保有していたポイントは全て無効となり、当社等は、ポイントを買い取り又は払戻し等いたしません。
  4. ポイントは、当社等が本規約に基づき無償で会員等に提供するものであるため、当社等は、Osaka Pointを終了する場合に、終了時点で保有していたポイントが失効することや、Osaka Pointが終了しなければ会員等が会員証等を利用して付与又は利用できた場合に得られたであろう利益や損害、損失等の一切については責任を負わないものとします。

第10条(免責事項等)

  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合、その他当社が必要と判断した場合には、会員への事前通知なく、一時的に本サービスの全部又は一部の提供を中止させていただくことがあります。
    (1) 当社が、天災地変、戦争、内乱、暴動、労働争議、停電、通信設備の事故、コンピュータウイルスの感染、通信事業者の役務提供の停止もしくは緊急メンテナンスの実施、内外法令の制定・改廃、公権力による命令・処分・指導その他当社の責に帰することのできない事由により本サービスの提供の中断又は停止を必要と判断した場合
    (2) システム(サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物等を含みます)の保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
    (3) 本サービスに関するシステムの不正利用防止等のため中断が必要であると当社が判断した場合
    (4) 法令又はこれに基づく措置により本サービスの提供ができなくなった場合
    (5) その他、運用上又は技術上、本サービスを一時的に中断しなければならないと当社が判断した場合
  2. 当社は、会員が会員サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有効性に関する保証を行うものではありません。
  3. 会員は、会員カード番号、登録電子メールアドレス及びパスワードを他人に知られることのないよう、善良な管理者の注意義務をもって管理するものとし、会員の故意又は過失により何らかの損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。会員としてログインしたスマートフォン等の情報通信端末その他の機器に対して、事前にログイン状態を解除(ログアウト又はCookieの削除等)する措置を行わずに、第三者に貸与、譲渡、名義変更、売買等を行い、又は紛失、盗難等により生じた損害についても同様とします。
  4. 当社サイト又は本アプリその他の会員向けウェブサービスにおいては、ログインされたことをもって、会員本人による利用があったものとみなし、それらが盗用、貸与、不正使用その他のいかなる事情により会員本人以外の第三者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
  5. 会員の登録情報に変更が生じた場合に、変更登録がなされなかったことにより生じた損害についても当社は一切責任を負わないものとします。

第11条(準拠法・管轄)

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとします。当社と会員等との間で生じた紛争については、その内容に応じて大阪地方裁判所又は大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第2章 パーソナルデータのお取り扱い

当社は、会員サービスの運営にあたり、会員等のパーソナルデータ(個人情報に加え、個人情報との境界が曖昧なものを含む、個人との関連性が見出される広範囲の情報をいいます。)をお取扱いするにあたっては、会員等のプライバシー保護に十分配慮の上、個人情報の保護に関する法律(改正された場合は、改正後のものをいいます。)その他の法令、当社サイト上にて公表する「個人情報保護指針」「個人情報の保護に関する法律に基づく公表事項」その他の当社がお客さまから取得する個人情報の取扱方法等について定める指針類及び本章の定め(以下、当社サイト上に公表する定めと合わせて「当社指針等」といいます。)に基づいて運用します。
なお、当社は、会員に提供する会員サービスの内容及び目的に応じて、パーソナルデータの取扱いに関して、当社指針等とは別段の定めを設ける場合があり、これについて、お客さまから個別のご同意をいただいた場合には、当該定めが本規約等に優先して適用されるものとします。
また、当社は、会員等が当社に対して提供したパーソナルデータについて、個人を特定できない形での統計情報に加工した場合に限り、本規約等の定めによらず、これを自由に利用及び公開できるものとします。

  1. 当社が、会員サービスの運営に際して取得するパーソナルデータは次の各号のとおりです。
    (1) お客さまに関する基本情報
    ・お客さまからご提供いただいた氏名、ログイン用電子メールアドレス、性別、生年月日等、お客さまに関する情報
    ・お客さまが設定されたパスワード、その他外部サービスを利用してログインする場合等の会員認証に関する情報
    (2) 会員サービスのご利用状況に関する情報
    ・ポイント、クーポン等の会員サービスのご利用に関する情報
    ・アプリケーション及びWebサイト等のインターネットを経由して提供されるコンテンツの閲覧及び書込み等の履歴、キャンペーン等への応募の履歴等、会員サービスを通じてお客さまが行った行動履歴に関する情報
    ・お客さまからのお問い合わせ、クレーム、主張等及びこれらへの対応に関する情報
    (3) お客さまがご利用のパソコン、スマートフォン、タブレットその他の情報通信端末(以下、単に「情報通信端末」といいます。)に関する情報及びCookieを利用して自動的に取得する情報
    ・お客さまが会員サービスを利用した場合、又は会員サービスに関連する広告やコンテンツに接した場合には、情報通信端末の機体識別に関する情報、情報通信端末のOS情報、インターネットの接続に関する情報、位置情報、リファラ、接続元IPアドレス、閲覧又は検索したコンテンツ及びその日時に関するタイムスタンプ等のサーバログに関する情報
    ・お客さまがブラウザCookieを有効にしている場合には、Cookieを通じて自動的に取得する情報
    (4) 当社グループ各社にて運営又は提携する交通機関のご利用に関する情報
    ・お客さまがご利用のICカード(PiTaPa、ICOCA)の情報及びこれを用いた交通機関(Osaka Metro、大阪シティバス等)のご利用履歴
  2. 前項各号に定める他、当社は、当社以外の第三者(ポイントパートナーを含みますが、これに限られません。)とお客さまとの間に別段の合意がある場合、その合意に基づいて、当該第三者からお客さまのパーソナルデータを取得又は受領することがあります。また、会員サービスの健全な運営のために必要であり、かつ適用法令が許容する限りにおいて、第三者に提供を要請して、又は一般に公表されているところから、信用情報並びに不正行為等の防止及び対応に必要なパーソナルデータを取得する場合がありますので、予めご了承ください。なお、当社は、前項各号の情報及び本項に基づいて収集したパーソナルデータから、お客さまの嗜好又はその他の特性を推定する場合があります。
  3. 当社が取得したお客さまのパーソナルデータは、当社及び当社の連結対象会社及び持分法適用会社(2020年7月現在では、株式会社大阪メトロサービス、大阪シティバス株式会社、大阪地下街株式会社。以下、「当社グループ各社」といいます。)において、Osaka Pointに限らず、お客さまに提供するサービス全般の付加価値の向上を志向して、次の目的を達成するために、共同利用いたします。
    (1) 具体的な共同利用目的

    (a) Osaka Pointの運営及び会員サービスの提供に関する事項
    ・インターネットを経由したログイン機能の提供のため
    ・ポイント、クーポン、キャンペーンその他の会員サービスを企画し、提供するため
    ・お客さまからのお問い合わせ、クレーム、主張等に適切に対応するため
    ・詐欺、サイバー攻撃、その他の違法又は不正なおそれのある行為を防止、調査及び特定して、当社、当社グループ各社又は第三者の権利利益を保護するため

    (b) 当社及び当社グループ各社による提供サービス全般の付加価値の向上に関する事項
    ・お客さまに最適な商品、サービス、コンテンツ、キャンペーン等を企画し、改善し、又は情報の提供(第三者の実施する事業の紹介、広告を含む場合があります。)を行うため
    ・お客さまのニーズ等を把握するための市場調査のため

    (c) その他、第三者への提供に関する事項
    ・あらかじめお客さま個別のご同意をいただいた上で、当社及び当社グループ各社以外の第三者に提供を行うため

    (2) 個人データの管理について責任を有する者の名称
    ・大阪市高速電気軌道株式会社
    (3) その他
    ・本規約に基づくお客さまのパーソナルデータの共同利用の開始以降、当該利用の中止を希望されるお客さまは、お手数ですが公式サイトに掲載するお問い合わせ窓口までお申し出ください。お手続きの上、以後の共同利用を中止いたします。この場合、本規約の定めに関わらず、提供される会員サービスが制限される場合がありますので、予めご了承ください。

「Osaka Point会員サービス規約」及び「本フォームからご入力いただいた情報を株式会社大阪メトロサービスがお預かりし、
これをOsaka Pointに登録する目的で大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)に提供すること」にご同意いただける場合は
「同意する」にチェックをお願いいたします。